突き進む!

最近の私たちはというと、3月のコンサートへ向けて様々な準備を進めています!



コンサートのための新たな曲、ドリルがやってきて嬉しいことにやることは山積み!

あとは毎年この時期に様々な場所に貼らせていただく青いポスターをそろそろ目にする方も増えていくのではないでしょうか。


ある人もこのブログに書いていましたが、わたしもみんなとの別れが近づいて寂しい…というよりは、最高のコンサートにしたい!という思いで気合い充分です!!


もっと練習して準備して、わたしたちのエネルギーをたくさん詰め込んで最高のコンサートにしますので、お時間がありましたら是非見にきてください!!!!!!


高校入試ラストスパート!

中学三年生のみなさん!いよいよ勝負の日が近づいてきましたね!勉強や面接は順調ですか?
この学校、この部活に憧れて受験に望んだ私は入試の一ヶ月前まで模試で湘南台高校が安全圏に入ることが一度もありませんでした。学校の担任の先生にも「一つ下げた方がいいと思う」と言われました。それでも私は「いえ。私は湘南台高校でマーチングがしたいんです。」と言って第一志望を変えませんでした。でもそれでも中々成績が上がらず、模試でも思うような点数が出ず、周りの人との差が大きくなるばかりで「もう全部投げ出したい」と思ったのは数えきれません。でもそんなときいつもしていたことがこのWSSのショーを動画で観ることでした。辛いとき嫌になったときショーを観て「自分もこの中に入るんだ。日本一を狙うチームに入るんだ」と決意して勉強を始めるの繰り返しでした。そしてやっとの思いで合格することができました。
この部活でもよく言われますが、練習量、つまり勉強の量は大して変わらないんです。他の人はよく見えても実際は大して変わらないんです。何が違うかというと気持ちです。入試直前のこの時期だと尚更そうだと思います。達成したいという気持ちが強ければ強いほど難しい壁を乗り越えられるバネが強く大きくなると思います。
なので自信がある人もない人もこのラストスパートを勉強量だけでなく挑む気持ちを強く持っていってください。
みなさんが今までの努力を最大限に発揮できることを願っています。

iPhoneから送信

長所と短所を有効活用!

人にはそれぞれ長所と短所がありますよね。

それと同じようにチームやパートにもそれぞれの長所と短所があるはずです。


私のパートは、びっくりするくらい個性豊かなメンバーです。自分の意思をしっかりもっていて気が強いメンバーです。これが私達のパートです。


それぞれの考えを共有すると何種類もの考えがでてきたり、豊かな考えから新しいアイディアがうまれたりしました。他にも沢山あります。これが私のパートの長所です。

しかし、これは短所にもなりました。何かを決めるとき、なかなか意見がまとまらない。思ったことをすぐに言う。そういったことでもめることは多々ありました。でも、自分の短所を直すきっかけになったり、お互いをよく知るきっかけになったりもしました。


どのパートにもどのチームにも絶対に長所と短所があります。その長所と短所をうまく活用すればそこならではの、そこにしかできないものができるはずです。

長所はどんどん活用して、短所はそれをきっかけに新たなものを見つけ出し、私達だけのWSSを作っていきましょう!!


あと少し




私は湘南台高校吹奏楽部に憧れてここへ来ました。
憧れがいっぱい詰まった部活動、とてもキラキラしてました!

入部したことが最近のように思えますが、もう引退が迫って来ています。
この部活で、仲間と練習できるのもあと少し。
でも、別れを惜しむ…というよりかは、「3年間の集大成であるコンサートを成功させたい!だから前に進んで行きたい!」という気持ちの方が強いです。

コンサート、部員の皆さんはどんなものにしたいですか?
WSSに関わって下さる方へ、感謝の気持ちを届けたい。全国を超えるSPIDER TRAPSにしたい…。
いろんな気持ちがあると思います。
その気持ちが溢れに溢れまくるコンサートにしたいです!!

コンサートまであと少し、コンサートを最高のものにするためにも、湘南台を湘南台のままで、さらに強くなるためにも、この期間、全力で!




つくる、進む

新体制でのスタートをきり、一ヶ月ほどが経ちました。
やり方やゴールへの進み方、みんなの意気込み、やる気、気合い、団結力、色々なことが変わっていきます。これはむしろ変わらなければ結果は変わらないでしょう。


高校の部活は三年間しかできません。なので、これが正解というものを見つけるのは難しく、さらにさらに発展させていく上で自分たちで何をよくすべきなのかというのを見つけるのも難しいことです。しかし、三年間という短い期間だからこそ、そこにかける思いやここでやりきるという気持ちが熱くなり、良いチームに、良いショーになっていくのだと思います。


数学のように正解は何かというものはなく、そしてだれも知りません。なので、全力で何かを変えて進んでもそれが必ずしも正しい方向とは限りません。そこで、少しでも近くには、今までの経験が大切です。


失敗をせずに進んで自分たちの目指すものにたどり着いたらすごいです。神級にすごいです。でもそんなことはそうそうありえません。
よく、失敗は成功のもとなんて言葉を聞きますよね!失敗は活かさなければ本当の失敗です。失敗を活かせばそれは失敗ではなく成功の過程になります。

だからこそ伝えていくのです。失敗したことも成功したことも。何もかもこのチームの経験として伝えればそれが役に立つとは限りませんが、知ってて損はありません。

こうして、今いるメンバーだけでなく、世代を超えてこのチームを作っていったさきにきっと強いチームができるはずです!

かもしれない精神

どんなことにも可能性があります。
すべてのものに可能性があります。

そこで諦めていいんですか!?
そこを信じなくていいんですか!??
もしも違ったら後悔しませんか??
決めつけて否定すること、あるいは肯定すること、どれもこれからのことは誰にも分かりませんよね。

もしかしたら出来るかもしれないし出来ないかもしれないし
もしかしたら明日何かが変わるかもしれないし変わらないかもしれないし
もしかしたら本当かもしれないし嘘かもしれないし。

すべてのことが
〇〇かもしれない
良いことも嫌なことも、疑うことと可能性を信じること。
それを「かもしれない精神」と私は呼んでみます!

欲張りに!

年が変わり、特に下級生はされる注意や言われることも少しずつ来年度へ向けた内容が増えてきましたね。


上級生になるんだから、自分のことだけではいけない。とか、今から次の学年になる準備や心構えをしよう。とか。

とてもとても大切です!だけれど、視野を広げようとしすぎて自分のことが見えなくなってしまったり、次の学年を意識しすぎて今だからできることを飛ばしてしまったりしてはもったいないです!!


周りもよく見つつ自分だって理想を追い求める、その姿やそうして技術を上げることで周りに伝染させる説得力が生まれるだろうし、次の学年になったときを考えて今の学年に悔いを残さず吸収し尽くそうと今を全力でやることも、経験として必ず繋がります。




下級生に限らず、3年生も、部員全員で最後までTRY、貪欲に可能性を広げていきましょう!


来年こそは!!!


グランプリという5文字が私の全てになった一年も、今日で終わりです。
 
 
よく監督がミーティングでおっしゃいます。「ここに入ってきたら、上手くなって日本一になれると思っているだろ。」
でもそうじゃないと必ず否定されます。
 
私はそんな「入ったら上手くなって日本一になれる」と思っていた大バカ野郎の一人でした。
 
 
でもよく考えたら分かりますよね(笑)日本一を目指すってそんな簡単な事ではないです!
そんな単純な私でしたが、三年も日本一を目指して努力していたら、こんなにかっこいいショーを演じるショーマンになっていました!
 
 
 
日本で2番目だって、すごい事なんだって分かっています。
すごく贅沢な事を言って悔しがっている事だって、分かっています。
だけどそれじゃ満足できないぐらい頑張ったから、こんなに悔しがっているんです。
 
てっぺん目指して頑張るって、こんなに楽しいのか!と思いました。
 
 
一度でいいから、あのフロアで笑いながら記念撮影をしたかったと今でもずっと思っています。
こんなに命が輝いている瞬間は、あの8分間以外にありません。
 
 
後輩のみんな、この悔しさを絶対忘れちゃいけませんよ!
来年こそは、日本一を!!!

マーチング

とうとう2016年が終わろうとしています。
みなさんは今年、どのような年でしたか?

私はこの年マーチングの良さを改めて知れた年になりました。
マーチングは知っての通り一人ではできない団体竸技です。一人一人が主役であり、一人一人が必要不可欠な存在です。また、ただ人数が多ければ多いほど良いというわけではなく、演奏のブレンド、動きの統一感、つくる形の完成度、気持ちのまとまり。マーチングにとって大切なことは考えれば考えればるほどたくさんあります。しかし、一人でも欠けてしまったら絵が完成しない、一人一人が必要不可欠な存在であり、技術があれば良いわけではなく気持ちが一つになってないと、聴いてる人の心には届かない。観て聴いて楽しめるマーチング。みんながいるからマーチング。マーチングって本当に素晴らしいものだとは思いませんか??
日々練習するなかでマーチングの良さを忘れがちになってしまってはないでしょうか。
応援してくださる人がいて、支えてくださる人がいて、いっしょにがんばれる仲間がいて。
私はこんなにも幸せな環境はないと思っています。そんなこの環境の中で私はこの3年間過ごせる事に心の底から感謝しています。
そして12月18日。枯れるほど涙を流し、たくさんの人の涙を見ました。しかし、たくさんの人の拍手を頂き、たくさんの声援を頂きました。結果はどうしても悔しくて悔しくて悔しくて悔しいです。しかし、大好きな仲間と共にあの大きな舞台で大好きなショーを演奏演技できたことを誇りに思います。そして、私はマーチングの良さを再確認できました。
新たな再スタートを切ろうとしている今、これから出来ること、今しかできないこと、たくさんあります。現実をしっかり受け止め、私たちはこれからのWSSのため、何ができ、何を残せるのか一生懸命考え励んでいきます。
そしえマーチングを心の底から全員で楽しみます。

1年間ありがとうございました。
来年も応援よろしくお願いします。ではなく、来年も応援される、したくなるチームになるべく新たな目標に向かって精一杯努力していきます。
よい年をお迎えできますように。

伝える

私達がこの一年間目標としてきたものが終わりました。

一年間って長いようで本当にあっというまでした。

結果は目指してたものとは違いました。やはり簡単な事ではなかったです。

でも、私は悔しいという思いよりやり切った感や後悔のない演奏ができた事の嬉しさの方が大きかったです。


私は音楽の「楽しさ」「素晴らしさ」など多くの事を学びました。

「楽しさ」というのは、音を合わせる、動きを合わせる、イメージを膨らますなど自分達でこだわってこだわりきった先にありました。

「素晴らしさ」は、仲間の存在の大きさやお客さんと演奏者を繋ぐ、信頼関係を作るなど、音楽を作り上げていく中で音楽が人と人を繋ぐという事を知る事ができました。


大会はもうないけど、まだ私達には幸せなことに本番が何回か残っています。練習できる環境もまだあります。

残りの期間で私が学んだ事をしっかり後輩に伝えていきます。伝えきります。

後輩にも音楽の楽しさを知ってもらいたい。音楽の楽しさを感じてもらいたい。


最後の最後までレベルアップしましょう!

私達で作り上げる!!!


calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  
<< February 2019 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM